シェアする

自動販売機のジュースやパン、お菓子等の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

自動販売機で販売される飲み物や食品って軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

自動販売機のジュースやパン、お菓子等の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

自動販売機により行われるジュース、パン、お菓子等の販売は、飲食料品を飲食させる役務の提供を行っているものではなく、単にこれらの飲食料品を販売するものであることから軽減税率の適用対象となる「飲食料品の譲渡」に該当することとされています(改正法附則 34①一、軽減通達6)。

要するに外食サービスとして役務提供をしていなければ軽減税率の対象ということです。

尚、お酒の自販機購入も軽減税率の対象外です。お酒は食品ではありませんので、軽減税率対象品目から除外されています。

ややこしいのは、そこで食事することが前提の専用のテーブルとか椅子を用意してしまえば、軽減税率対象外になってしまうかもしれません。自販機ならOKなんだと自販機レストランみたいなものを作っても恐らくは軽減税率対象にはならないでしょう。

シェアする