シェアする

映画館で売られるポップコーンは、軽減税率の適用対象となりますか。

映画館で販売されるポップコーンは軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

映画館の売店での飲食料品の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

映画館内に設置された売店で行われる飲食料品の販売は、単に店頭で飲食料品を販売しているものですので、「飲食料品の譲渡」に該当し、軽減税率の適用対象となります。
なお、売店のそばにテーブル、椅子等を設置して、その場で顧客に飲食させている場合には、飲食設備がある場所において飲食料品を飲食させる役務の提供であり、「食事の提供」に該当しますので、持ち帰りによる販売(持ち帰りのための容器に入れ、又は包装を施して行う飲食料品の譲渡)である場合を除き、軽減税率の適用対象となりません(軽減通達 10⑷)。
(注)1 持ち帰りの販売かどうかは、顧客への意思確認等により行うこととなります(問42(ファストフードのテイクアウト)参照)。
2 売店により、例えば、映画館の座席で次のような飲食料品の提供が行われる場合には、当該飲食料品の提供は、食事の提供に該当し、軽減税率の適用対象となりま
せん(改正法附則 34①一イ、軽減通達 10(注)2)。
① 座席等で飲食させるための飲食メニューを座席等に設置して、顧客の注文に応じてその座席等で行う食事の提供
② 座席等で飲食するため事前に予約を取って行う食事の提供

すごく微妙な線引ですね。

要するに、映画を見ながら飲食するポップコーンやジュースは軽減税率の対象です。

でも、売店の前に食事用のテーブルや椅子が用意され、そこで飲食するする場合は軽減税率の対象外となります。

都市部の映画館はスペースがないので、売店前に飲食スペースがあるケースは少ないですが、地方や郊外のショッピングセンター内の映画館などでは売店前に飲食スペースがあることも珍しくありません。どこで食べるかで税率が変わってしまうようです。いちいち確認が必要な店員さんは大変ですね。

尚、ビールは軽減税率対象外品目なので、映画を見ながら飲むとしても軽減税率の対象にはなりません。

シェアする