コーヒーの生豆の販売は軽減税率の適用対象となりますか。

コーヒーの生豆は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、コーヒーの生豆の販売を行っていますが、軽減税率の適用対象となりますか。
【平成 30 年1月追加】

「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるコーヒーの生豆は「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34①一、軽減通達2)。

コーヒーの生豆はそのままでは一般家庭でコーヒーを入れることはできませんので、専門の加工を伴うことにはなりますが、食用のコーヒーや加工食品になるための食品原料なので軽減税率の対象となります。

コーヒーじゃなくても、基本は一緒です。最終形が食品になるための原料として、飲食用の販売であれば軽減税率対象です。