シェアする

氷の販売は、軽減税率の適用対象となりますか?

氷の販売は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

氷の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるものであるかき氷に用いられる氷や飲料に入れて使用される氷などの食用氷は、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34①一、軽減通達2)。
なお、例えば、ドライアイスや保冷用の氷は、人の飲用又は食用に供されるものではなく、「食品」に該当しないことから、その販売は軽減税率の適用対象となりません。

要するに、食用の氷として販売しているものは軽減税率の対象だけど、保冷用・冷却用などの用途で販売しているものは軽減税率の対象外ということです。

最近は氷屋さんという商売も少なくなってきているのでしょうか。

一般の消費者にしてみれば、氷の購入といえば馴染みがあるのはスーパーやコンビニで販売されているブロックアイスぐらいですね。

ちなみに飲食店でお酒に入れるために出される氷は、お店で飲食するものは「外食」の範疇なので軽減税率の対象外です。まあ、飲食店で氷をテイクアウトすることはないでしょうから、飲食店の氷は基本的に対象外ですね。ただし、飲食店が仕入れる氷は「食品」としての購入なので軽減税率の対象となります。

シェアする