シェアする

お酒の販売は、軽減税率の適用対象となりますか?

お酒の販売は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

お酒の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

酒税法に規定する酒類は、軽減税率の適用対象である「飲食料品」から除かれていますので、酒類の販売は軽減税率の適用対象となりません(改正法附則 34①一、酒税法2①)。

要するに酒税法に引っかかるアルコール度数の酒類製品は全部ダメってことです。

1%以上のアルコール度数のある飲食品は酒販免許がないと販売できません。これに該当する製品がお酒という区分けになります。

したがって、料理酒もみりんも酒類に入りますので、軽減税率の対象外となります。

軽減税率のそもそもの主旨としては、生活必需品である飲食品の価格上昇による税負担増を軽減することで、生きていく分に使う必要なお金には増税しないようにする意味合いがありますので、贅沢品であるお酒は軽減したら主旨から外れちゃいますから当然ですね。

みりんや料理酒は、例外として線引が難しいからこればかりは仕方ないでしょう。

シェアする