シェアする

ノンアルコールビールの販売は、軽減税率の適用対象となりますか?

ノンアルコールビールの販売は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

ノンアルコールビールや甘酒(アルコール分が一度未満のものに限ります。)の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

ノンアルコールビールや甘酒など酒税法に規定する酒類に該当しない飲料については、軽減税率の適用対象である「飲食料品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34①一、酒税法2①)。

要するに、アルコール度数が1%未満の飲料であれば、酒類に分類されないから軽減税率の対象でOKということです。

ただし、飲食店で提供したら外食に該当するので、軽減税率の対象外です。持ち帰りや宅配での購入に限ります。

シェアする