シェアする

食品加工業者が仕入・販売している食材の売れ残りを飼料として販売する場合は軽減税率の適用対象?

仕入れている食材は主に食用として加工して販売するのだけど、売れ残りの一部は捨てるのももったいないので飼料として卸しているような場合、軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、食用のまぐろを輸入して食品加工業者に販売していますが、売れ残ったものは、飼料用として別業者に販売しています。この場合の軽減税率の適用は、どのようになりますか

「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、人の飲用又は食用に供されるまぐろの輸入(保税地域からの引取り)は、軽減税率の適用対象となります(改正法附則 34①一)。
また、輸入したまぐろを飼料用として販売した場合には、そのまぐろは人の飲用又は食用に供されるものとして譲渡されるものではないことから、軽減税率の適用対象となりません。
なお、課税貨物が、「飲食料品」に該当するかどうかは、輸入の際に、人の飲用又は食用に供されるものとして輸入されるかどうかにより判定されますので、ご質問のまぐろの輸入が軽減税率の適用対象であることに変わりはありません。

すこしばかり、複雑なケースではありますが、考え方は単純です。

食用として仕入れ、販売する分においては基本的には軽減税率対象となります。食用として仕入れている以上は仕入れも軽減税率の対象です。もちろん販売時も軽減税率の対象です。

上記例でいうと、最初から飼料用目的として仕入れているわけではないので、軽減税率対象ということです。

飼料として販売するときは、人間の食用ではないので軽減税率の対象外となります。

運用次第ではグレーゾーンかもね。売れ残りは食用として格安で販売しただけ、飼料用として使うとは知らなかったとなれば軽減税率対象ですものね。

シェアする