生きている家畜は軽減税率の適用対象?

生きた家畜

生きている家畜は販売したら軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、畜産業として肉用牛を販売していますが、生きている牛の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますが、肉用牛、食用豚、食鳥等の生きた家畜は、その販売の時点において、人の飲用又は食用に供されるものではないため、「食品」に該当せず、その販売は軽減税率の適用対象となりません(改正法附則34①一、軽減通達2)。
なお、これらの家畜の枝肉は、人の飲用又は食用に供されるものであり、その販売は軽減税率の適用対象となります。

結論として家畜は生きているとダメだそうです。(軽減税率の対象外、税率は10%)

生きたまま食べるということはないから、生きている段階では食用とはみなされないということでしょうか。

魚は生きていても食用であれば軽減税率の対象(税率8%)なので、線引がわかりにくいですね。