高級食材の桐の容器は、容器を含めて食品として軽減税率の適用対象にしてもよい?

桐の箱

高級食材の桐の容器は、容器を含めて食品として軽減税率の適用対象にしてもよいの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社では、果実を専用の桐の箱に入れて販売していますが、このような桐の箱も通常必要な容器として取り扱ってよいでしょうか。

飲食料品の販売に際し使用される包装材料等が、その販売に付帯して通常必要なものとして使用されるものであるときは、その包装材料等も含め「飲食料品の譲渡」に該当します。
例えば、高額な飲食料品にあっては、桐の箱等の高価な容器に入れられて販売されることがありますが、このような場合にあっては、桐の箱にその商品の名称などを直接印刷等して、その
飲食料品を販売するためにのみ使用していることが明らかなときは、その飲食料品の販売に付帯して通常必要なものとして使用されるものに該当するものとして取り扱って差し支えありません(軽減通達3)

食品の容器は、容器がガラスや陶磁器ように、本来は食品パッケージを目的とはしない別の用途のある場合は、一体資産として、それぞれの価額の割合に応じて判定されます。
桐の箱の場合、微妙なラインではありますが、食品販売用であることを明示するために、商品名を印字すればOKという、なんとも斬新な見解でした。