果物の苗木や種は軽減税率の適用対象?

苗

果物の苗木や種は軽減税率の適用対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

果物の苗木及びその種子の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

【答】
「食品」とは、人の飲用又は食用に供されるものをいいますので、果物の苗木など栽培用として販売される植物及びその種子は、「食品」に該当せず、その販売は軽減税率の適用対象となりません(改正法附則34①一、軽減通達2)。
なお、種子であっても、おやつや製菓の材料用など、人の飲用又は食用に供されるものとして販売されるかぼちゃの種などは、「食品」に該当し、その販売は軽減税率の適用対象となります。

結論としては、種や苗木は「食品」ではないことから、軽減税率の対象外(税率10%)とのことです。

ただし、食べられる種として食用として販売されている商品に関しては「食品」なので軽減税率の対象(税率8%)となります。