老人ホームの食事は軽減税率の適用対象?

老人ホームの食事は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、有料老人ホームを運営しています。提供する食事は全て税抜価格で、朝食500 円、昼食550円、夕食640円で、昼食と夕食の間の15時に500円の間食を提供しています。 これらの食事は、軽減税率の適用対象となりますか。

【答】
軽減税率の適用対象となる有料老人ホームにおいて行う飲食料品の提供とは、老人福祉法第29条第1項の規定による届出が行われている有料老人ホームにおいて、当該有料老人ホームの設置者又は運営者が、当該有料老人ホームの一定の入居者に対して行う飲食料品の提供をいいます(改正法附則34①一ロ、改正令附則3②一)。

また、軽減税率の適用対象となるサービス付き高齢者向け住宅において行う飲食料品の提供とは、「高齢者の居住の安定確保に関する法律」第6条第1項に規定する登録を受けたサービス付き高齢者向け住宅において、当該サービス付き高齢者向け住宅の設置者又は運営者が、当該サービス付き高齢者向け住宅の入居者に対して行う飲食料品の提供をいいます(改正令附則3②二)。

これらの場合において、有料老人ホーム等の設置者又は運営者が、同一の日に同一の者に対して行う飲食料品の提供の対価の額(税抜き) が一食につき640円以下であるもののうち、その累計額が1,920円に達するまでの飲食料品の提供であることとされています。 ただし、設置者等が同一の日に同一の入居者等に対して行う飲食料品の提供のうち、その累計額の計算の対象となる飲食料品の提供(640円以下のものに限る。)をあらかじめ書面により明らかにしている場合には、その対象飲食料品の提供の対価の額によりその累計額を計算するものとされています(平成28年財務省告示第100号)。

ご質問の飲食料品の提供について、あらかじめ書面により、その累計額の計算の対象となる飲食料品の提供を明らかにしていない場合は以下のとおりとなります。

朝食(軽減) 昼食(軽減) 間食(軽減) 夕食(標準) 合計(内軽減税率対象)
500円≦640円 550円≦640円 500円≦640円 640円≦640円 = 2,190円(1,550円)
(累計500円) (累計1,050円) (累計1,550円) (累計2,190円)

夕食は、一食につき640円以下ですが、朝食から夕食までの対価の額の累計額が1,920円を超えていますので、夕食については、軽減税率の適用対象となりません。

なお、あらかじめ書面において、累計額の計算の対象となる飲食料品の提供を、朝食、昼 食、夕食としていた場合は以下のとおりとなります。 朝食(軽減) 昼食(軽減) 間食(標準) 夕食(軽減) 合計(内軽減税率対象)
500円≦640円 550円≦640円 500円≦640円 640円≦640円 = 2,190円(1,690円)
(累計500円) (累計1,050円) 累計対象外 (累計1,690円)

説明が長くて少々わかりにくいですが、まず、老人ホームは、法律に基づき認可されている有料老人ホームにおいては例外的にその食事提供は軽減税率の対象となります。

ただし、全額じゃないよという話です。

1食が640円以内であり、1日あたり1690円までは軽減税率の対象(税率は8%)となります。

1690円を超えた分は10%の税率で計算するということですね。

なんて面倒な計算をさせるのでしょう。老人ホームの事務は複雑になりそうですね。