シェアする

飲食店の軽減税率の準備は思っているより大変だから、POSレジを入れ替える前にこれだけは知っておこう!

軽減税率とPOS
飲食店の軽減税率の準備は、あまり知られていませんが実はすごく大変です。

なぜ、飲食店だけが大変かというと、テイクアウトとイートインの両方がある飲食店においては、同じ商品の価格でも税率によって2つの価格があるからです。

過去に総額表示を国が指示したこともあり、現在は表示価格に税込み価格を使用している店舗も多いかと思います。

税込み価格でPOSレジの商品マスタを登録する場合、8%と10%では異なる価格となります。そのため、同一商品でも2つの単価が必要になります。

POSレジの商品マスタが税抜き価格で登録されていた場合、お会計時に消費税を計算するため、8%でも10%でも、商品マスタは同じ税抜き単価となりますので、同一商品は一つのマスタで運用可能です。

税抜き価格で商品マスタを運用している場合には、軽減税率にあわせて商品マスタをメンテナンスする必要性はないのですが、税込み単価で運用している場合には大変です。

税込み単価を登録しなおさなければならないからです。

運用上、税込み単価というのはキリの良い数字で価格設定されていることが多く、機械的に一律でコンバートすることが難しいケースがほとんどです。

そして、8%と10%の2つの価格設定を考えて、登録する作業は、想像以上にかなりしんどいです。

さらにいえば、実は飲食業向けPOSレジのほとんどは1つの商品に一つの単価しか設定できない仕様になっています。同じ商品であっても、8%と10%で別の商品マスタが必要になります。

お店によっては、管理する商品マスタの数が2倍になることになります。

ハンディにテイクアウトメニューを割り付ける必要があるかはわかりませんが、POSレジのキーには割り付けは必要ですから、キーの割り付け方も結構考える必要があるでしょう。

実務の経験がある方であれば、これがどれだけ大変な作業かはおわかりかと思います。

今回の、軽減税率を機に商品マスタの単価を税抜き価格に運用を変更するお店も増えそうな気はします。

基本的に税込み単価は一つの商品マスタで一つしか持てないという事実を、POSメーカーの営業マンは聞かれないかぎり教えてはくれません。

少ないながらも、一つの商品マスタで2つの税込み単価を設定できるPOSレジ機種もあるにはあります。

あとで後悔しないためにも、手間を惜しまず、メーカーに問い合わせてみることをおすすめします。

POSシステム比較・一括お問合せサイト

シェアする