シェアする

飲食料品のお土産付きのパック旅行は軽減税率の適用対象となりますか?

飲食料品のお土産付きのパック旅行は軽減税率の対象なの?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、旅行代理店を経営しています。当社が販売するパック旅行は、飲食料品のお土産が付くものもありますが、このパック旅行の販売について、適用税率を教えてください。

【答】
ご質問のように、飲食料品のお土産が付いているパック旅行は、様々な資産の譲渡等(交通、宿泊、飲食など)を複合して提供されるものであり、旅行という包括的な一の役務の提供を行っていることとなりますので、たとえ飲食料品のお土産が付く場合であっても、その対価の全体が軽減税率の適用対象となりません。

(参考) 旅行に係る対価の内訳として、飲食料品のお土産の対価の額を明らかにした場合であっても、パック旅行は、上記のとおり、一の役務の提供に該当しますので、そのお土産部分の対価についても、軽減税率の適用対象となりません。

どうやら、飲食料品のおみやげ付きのパック旅行では、セットになっている限りは、お土産ぶんも標準税率(10%)で販売せざるを得ないようです。

シェアする