シェアする

キャラクターを印刷した缶箱に詰めたお菓子は軽減税率の適用対象となりますか?

キャラクターを印刷した缶箱に詰めたお菓子は軽減税率の適用対象となりますか?

国税庁は以下のように回答しています。

当社は、小売業を営んでおり、キャラクターを印刷した缶箱にお菓子を詰めて販売していますが、この缶箱は、通常必要なものとして使用される容器に該当し、この缶箱入りのお菓子の販売は、軽減税率の適用対象となりますか。

【答】
飲食料品の販売に際し使用される包装材料等が、その販売に付帯して通常必要なものとして使用されるものであるときは、その包装材料等も含め「飲食料品の譲渡」に該当します。
飲食料品の販売に際して付帯するビニール袋、プラスチック容器、紙箱、缶箱等は、購入者によっては再利用されることがありますが、通常、販売者は、これらの包装材料等を、自らが販売する飲食料品の包装材料等以外の用途(以下「他の用途」といいます。)に再利用させることを前提として付帯しているものではないと考えられます。
このため、ご質問のような缶箱は、キャラクター等が印刷されたものであっても、基本的には、その販売に付帯して通常必要なものとして使用されるものに該当し、その缶箱入りのお菓子の販売は、軽減税率の適用対象となります。
(注) 飲食料品の販売の際に付帯する包装材料等が、例えば、その形状や販売方法等から、装飾品、小物入れ、玩具など、顧客に他の用途として再利用させることを前提として付帯しているものは、通常必要なものとして使用されるものに該当せず、その商品は、「一体資産」に該当します。

売り手の見解しだいでどっちにでも転ぶ可能性のある微妙な言い回しですね。

これはお菓子を入れる缶として作りましたと言えば、大丈夫ってことでしょうか。
ペンケースや小物入れとあえて記載しなければ、それはダメ(包装用じゃなくて一体資産)とは言えないでしょうね。

シェアする